介護福祉士の試験の
ポイントって何?
筆記対策

総得点が125点の介護福祉士国家テストは、その6割程度の点数が基準となっています。その上、「11科目群」すべてにおいて最低1問は正解をしなければいけません。これが合格基準です。もちろん、すべての問いに正解することが良しとされていますが、あくまでテストの目的は合格です。介護福祉士国家テストの筆記テストにおいて、どのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。

まず、大切なのは勉強のスケジューリングです。いくら勉強をしても漠然とした予定を組んでいては効率が良いとは言えません。「いつまでにどこを覚えるか」という明確な目標を立てることによって、自分の理解度の程度がはっきりします。

その中で、過去問題集を繰り返し解いていくことが介護福祉士国家テストの筆記対策における基本と言えるでしょう。そのため、過去問題集を選ぶときには、きちんと解説がされているものをチョイスするようにしましょう。間違えた理由が明確に分かれば、その後の理解も深まります。

介護福祉士国家テストの筆記対策で必要なことはきちんと予定を立てて勉強することと、過去問題集のチョイスを間違えないことです。この2点を踏まえて、モチベーションを維持しながら勉強に励みましょう。

|
|
|
|
Copyright © 介護福祉士の試験のポイントって何? All rights reserved.