介護福祉士の試験の
ポイントって何?
実技対策

介護福祉士の実技は、2017年1月の第29回より事実上廃止となりました。それは実務研修の修了が必須となったためです。実務ルートで受験する場合には筆記のみの試験となります。しかし、福祉系高校卒ルートと経済連連携協定ルートでの受験では実技を受ける必要がありますので、その対策を知っておく必要があるでしょう。

実技は自分の体を使った試験となります。そのため、繰り返しの反復練習が合格の鍵を握っています。可能であれば、暇な時間を使って練習をしてください。家族や友人、恋人などの力を借りて何度も実践することが重要です。

さらに、試験官への印象を良くするため、元気なコミュニケーションを取るということも必要になります。行動をする度に確認や同意を得ながら介助をすることを忘れずに行いましょう。また、問題の理解力を高めることも大切です。どんなシチュエーションか、人物の名前か、介助者の状態やその状況といった、あらゆる点で注意を払い、問題文の中から理解するトレーニングをするようにしましょう。

実技は繰り返しの徹底や問題の理解力が大切になってきます。しっかりと試験を想定して練習をすることで、本番でも慌てずに対処することが出来るでしょう。

|
|
|
|
Copyright © 介護福祉士の試験のポイントって何? All rights reserved.